2014年01月26日

スラムダンクの続編妄想#352 諦めと安堵




安西 「どうすればいいかは…君たちが一番よくわかってるはずです…」



桜木 「なにっ!?」



「!!!!」



安西の言葉に驚いた様子の湘北メンバー。




ピーーー!


審判が試合再開を告げる。




キュッ



田岡 「さぁ!夏のリベンジだ!今日こそ湘北を倒すのだ!!」



「はい!!」



キュッ



陵南メンバーがコートに向かう



キュッ



仙道 「ん…?」



湘北は未だコートに出てこない







「おやじ…どういうことだよ…」

(君たちがよくわかってるって…こっちはわかんねーから聞いてんだろうが…)



明らかに苛立った様子の桜木



宮城 「先生…!」

(こんな時に…そんな指示じゃ…)



「ふむ…」



安西がメガネを触る



「簡単な事です…陵南と同じように私たちも助け合えばいいんです…」



桜木 「助け合う…?」



ピーーー!


審判が湘北を急がせる



「湘北!早く出なさい!」



キュッ



「わかりました…やってみます!」



安田が立ち上がりコートに向かいだす



キュキュッ



潮崎と角田も後に続く



桜木 「ちっ…」



流川 「……」



2人もベンチから立ち上がる











ポンッ



桜木・流川 「!!」



2人の肩に安西が手を置く






すっ






2人の手を取り、重ねる




桜木 「なっ!!」



流川 「!!」




安西 「君たちが助け合えば…湘北は大きく変わります…」




「……」




安西 「湘北のチームワークを見せましょう…」




すっ




重ねた手を離す




バッ!!!!




「ふー!ふー!ふー!」




流川と桜木が互いに距離を置き、重なった手に息を吐激しく吐きつける



桜木 「なぁぁ!!バカが移る!」



流川 「手が腐る…」



「ふー!ふー!ふー!」



安田 「流川!桜木!いくぞ!」



ダン…ダン…



ボールを運ぶ安田が声をかける



「ちっ…」



桜木と流川もフロントコートへと向かう





「………」





「………………」





「勝つためだからな…」





流川 「…!」



桜木が小声で声をかける



「今日はリョーちんがいないから特別だ…」



流川 「……」



桜木 「なめたパス出すんじゃねーぞ…流川」



流川 「テメーこそ…外したらタダじゃおかねーぞ、どあほう」



桜木 「ぬぬ…なんだと…!」






ガッ!!



つかみかかろうとする桜木をかわし流川が蹴りを入れる



桜木 「やい!テメーキツネ!今この天才を蹴りやがったな!」



流川 「ボサッとしてるからだ、どあほう」



桜木 「ぐぬぬぬぬぬ…!」



振り上げた拳をすんでの所で止める



桜木 「ちっ…テメーが先にパスしねぇ限り、オレはテメーにぜってぇパスなんかしねーぞ」



流川 「誰がテメーにパスなんか…テメーが先にしやがれ…」



バチバチバチバチ!!!!




睨み合う2人




プイッ!



互いにそっぽを向く



「おい!湘北は流川と桜木が揉めてるぞ!!」



「なんだなんだ!?土壇場で内部分裂かよ!?」



宮城 「あいつら…」

(ダメだ…あいつらに、助け合う事は不可能だ…)



晴子 「流川くん…桜木くん…」

(なんで…なんでもっと仲良くできないの…)



田岡 「フッ…」

(安西先生といえど、あの問題児軍団をまとめるのは難しいということか…)



仙道 「……」

(どうやら…あいつらが協力しあうことはなさそうだな…)



キュッ




入学以来、犬猿の仲とされてきた流川と桜木の関係




湘北サイドが諦め、陵南サイドが安堵の表情を浮かべた時。




「ふむ……」




一人だけ、2人を真剣な表情で見つめる男がいた。




「頼みましたよ…流川君…桜木君…」





続く



この記事へのコメント
はじめまして。
最近サイトを知り、全話拝見しました。
私も当時「続きは?」とおもい
残念だったのでこのサイトを知りうれしかったです。
当時から花道流川が大好きだったので
この先どうなるか楽しみです。
Posted by 愛莉 at 2014年01月26日 00:41
愛莉さんこんばんわ。

コメントありがとうございます!

ここまで読んで頂きありがとうございます。
まだまだ続いていきますので、ぜひ遊びに来てくださいね!
Posted by ピー at 2014年01月26日 18:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: