2014年01月27日

スラムダンクの続編妄想#355 片鱗




新人戦、準決勝



湘北 69
陵南 76



湘北は桜木のパスから流川がダンクを決める。



キュッ



湘北高校

#5 G 安田靖春165p/56s
#6 SG 潮崎哲士170p/62s
#9 F 流川楓188p/77s
#7 PF 角田悟181p/73s
#8 C 桜木花道190p/85s




陵南高校

#6 G 植草智之170cm/62kg
#5 SG 越野宏明174cm/62kg
#4 F 仙道彰190cm/79kg
#7 PF 福田吉兆188cm/80kg
#11 C 菅平裕188p/78s




ダン…ダン…



植草 「1本!取り返そう!!」



キュッ



陵南が攻撃に向かう



キュッ



ピッ



ピッ



植草、越野がトップでボールを回す



キュキュッ



キュッ



植草 「……」

(ディフェンスが…よくなってる…!)



キュッ



湘北は攻めるようなディフェンス



越野 「くそっ…」

(さっきのシュートで勢いにのってやがる…)



キュッ



仙道 「!」



キュッ




ガシィッ!!




菅平のスクリーンから一瞬、仙道がフリーを作る




ピッ!




キュッ




ボールが仙道に通る




キュッ




流川 「……」




ダン!




すぐにドライブを仕掛ける




キュッ




流川もこれに対応




ダンダン!




急ストップからのレッグスルー




ダン!




再び中へ切れ込む




キュキュッ




仙道 「!」




流川、これにもついていく




キュッ




ダン!





ロールターンで流川をかわしにかかる仙道




すっ




仙道 「!!!!」




視界に一瞬、桜木が入る




仙道 (なぜ…そこに…!?)




ダン!




仙道、急ストップ




ピッ




植草にボールを戻す




植草 「仙道…!」




仙道 「……」

(今の桜木…オレがあそこにいくのを予測してたのか…!?)




キュッ




ピッ!




今度はローポストで菅平がボールを受ける




ダン!




角田を一気に押し込む




菅平 「くっ…!」

(オレだって…仙道さんや福田さんのように…!)




ダン!




キュキュッ




ステップで角田をかわす




キュッ



ピッ




ゴール下、ジャンプシュートを放つ












バシィィィィッ!!!!



菅平よりも遥か上からシュートがたたき落とされる



菅平 「!!!!」




「うぉぉぉぉ!出た!桜木の2代目ハエ叩き!!!!」


「陵南オフェンス失敗だー!!」




キュッ



こぼれたボールを潮崎が拾う



ダン!



「ヘイッ!!」



ピッ!



すかさず流川が中継に入る



ダン!



そのまま一気に攻め上がる



ダン!



「いけーーー!流川!決めてくれー!!」


「キャーーー!ルカワクーーーン!!」



キュッ



ダン!



流川 「…!」



仙道がこれに追いつく



キュッ



越野もすぐ後を追う



ダンダン!



流川、急ストップからレッグスルー



ダン!



チェンジオブペースで再び中へ切れ込む



仙道 「くっ…!」



キュッ



仙道、半身遅れる



キュキュッ



レッグスルーの間に越野も追いつく



ダン!



キュッ



流川、ギャロップステップで仙道と越野の間を割る



キュッ



越野を振り切り、仙道との対決



ダッ!



仙道 「なっ!!」



流川、ギャロップステップの着地から思い切り後方へジャンプ



仙道 「!」

(フェイダウェイだと…!?)



キュッ



仙道、手を伸ばし必死にくらいつく




ダッ!




瞬間、後ろを走り抜ける陰




仙道 「!!!!」












ピッ!!!!




流川、シュート軌道の柔らかなパス












ドガァァァァァァッ!!!!



桜木がアリウープを叩き込む




「おぉぉぉぉぉおおお!!湘北連続アリウープ!!」


「すげぇ!!スゴすぎる!!連続ダンクだ!!」




仙道 「くっ…」

(今度は桜木か…)




湘北 71
陵南 76




キュッ




宮城 「行けるぞ!!追いつける!!あと5点だ!!」




湘北がディフェンスに戻る


桜木 「フッ…なにがあんなもんじゃねーだ…」


流川 「……」


桜木 「さっきのオレのパスの方がナイスパスだったじゃねーか…」


流川 「ちっ…どあほうが。今のはテメーのスピードに合わせただけだ…」


桜木 「なっ!!なんだとテメー!!」



ガルルルルルル!!!!



睨み合う2人



宮城 「ったく…あのバカ…」

(まだ負けてんだぞ…喧嘩なんかしてる場合じゃ…)



「ふむ…」



隣で安西があごをさする



「まだまだ…片鱗にすぎません…」



宮城 「先生…?」



安西 「君たちの才能は…こんなもんじゃありませんよ…」



宮城 「…!」






タイマーは、間もなく3分を経過しようとしていた。





続く



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: