2014年03月26日

スラムダンクの続編妄想#430 ここから




筑武大学   46
白山学院大学 51







関東大学トーナメント新人戦



準決勝第2試合







筑武が5点に差を縮め、約1分が経過







タイマー 5:34







ダン…



キュッ



ガシィッ!



ボールをキープする深津と藤真が軽く交錯



ピーーーッ!



「ブロッキング!」



審判がファールをコール



すっ



藤真 「……」



右手を上げる












ビーーーッ!!!!



「白山学院大学、メンバーチェンジ!」



交代を告げるオフィシャルテーブル



キュッ



かわって入る選手がサイドラインに向かう



赤木 「……」

(来るか…)



岸本 「……」

(あいつ…!)







キュッ



「北川さん…交代です」



北川 「あぁ。マークはあいつ(岸本)だ」



「わかりました…」



キュッ



コートに入る







赤木 「岸本!かわったぞ」



岸本 「わ、わかってるわ」



少し動揺した様子



藤真 「…?」



キュッ



マークに向かう岸本



「……」

(こいつ…ホンマ赤木そっくりやな)



高砂 「…?」







ピーッ!



「始めます!」



サイドから試合が再開







筑武大学

G 藤真健司/178p/66s
SG 西脇/183p/77s(2年)
F 御子柴/188p/80s
PF 岸本実理/188p/78s
C 赤木剛憲/198p/93s



白山学院大学

G 深津一成/180p/76s
SG 岩沢/185p/79s(2年)
F 諸星大/186p/78s
C 高砂一馬/191cm/80kg
C 河田雅史/194cm/91kg







記者席



中村 「白山はセンターを1枚増やしてきましたね」



相田 「えぇ…少し意外ね」



中村 「?」



相田 「だって…白山はこのQ、岸本君をはじめ筑武の速い攻撃から失点していたのよ」



中村 「確かに…!」



相田 「そこに高砂君を入れるなんて」



中村 「スピードがさらに落ちるんじゃ…」



相田 「……」

(何か別の狙いがありそうだわ…)







ピッ!



ピッ!



テンポよくボールを回す白山



キュッ



ウイングでボールを持つ諸星



キュッ



合わせて河田がコーナーに飛び出す



ピッ!



パスが渡る



キュッ



赤木 「…!」

(3Pラインの外…打つ気か!?)



キュキュッ



距離を詰める



河田 「……」



赤木 「……」



ダン!



赤木の足下、バウンズパス



赤木 「!?」



キュキュッ



ローポスト



ボールを受けたのは高砂



岸本 「…!」

(こいつ…ポジションどりが上手い)



キュキュッ



ダン!



フロントターンから一気にゴールへ



キュキュッ



キュッ



ストップから、ステップで揺さぶり



クッ!



シュートフェイクをひとつ



岸本 「くっ…!」

(どっちや…打つんか!?)



藤真 「岸本!無理に行くな!」



岸本 「!!!!」







バスッ!



フック気味のシュートを決める







筑武大学   46
白山学院大学 53







河田 「ナイスプレーだったぞ。高砂」



深津 「いいプレーだったピョン」



高砂 「あぁ」



キュッ



チームメイトとタッチをかわし、ディフェンスに向かう







記者席



相田 「…そういうことだったのね」



中村 「どうかしましたか…?」



相田 「えぇ。なんとなく、高砂君投入の理由がわかったわ」



中村 「理由…?」



相田 「彼が入る事で、岸本君はうかつに走れなくなる」



中村 「!」



相田 「交代した北川君はミドルレンジのプレーも多かったけど、高砂君はゴール下が主な仕事場」



中村 「……」



相田 「となれば、岸本君は今までよりリバウンドや中へのケアを意識しないといけなくなる」



中村 「なるほど…!」



相田 「…考えたわね」












キュッ



オフェンスに向かう筑武メンバー



「くっ…」



悔しそうな表情の岸本



「なんで止めたんや…」

(おかげで決められたやないか…)



「………」



「………………」



すっ



その肩に手が置かれる



岸本 「…!」



赤木 「落ち着くんだ」



岸本 「赤木…」



赤木 「あそこで無理に止めに行けば…」



岸本 「ファールを誘われる。そうやろ?」



赤木 「む…」



岸本 「そんな事、わかっとるわ」

(試合前に…何度も聞かされたからな)



キュッ



前を向く岸本



「問題はここからや…」



赤木 「…!」



岸本 「……」

(ここまで、イケメンボーイの予想通りや)



すっ



藤真へ視線を向ける



「……」



目が合う2人



藤真 「……」

(頼むぞ…岸本)







岸本 「わかっとるっちゅーねん…」



誰にも聞こえないよう小さな声でつぶやく







「……」

(このQ、ここからは…オレにかかってるんやろ)







続く



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。