2014年03月30日

スラムダンクの続編妄想#433 懲りない奴ら




すっ



右手を上げ、人差し指を立てる藤真



「3番っ!」







ナンバープレーを告げる







筑武大学

G 藤真健司/178p/66s
SG 西脇/183p/77s(2年)
F 御子柴/188p/80s
PF 岸本実理/188p/78s
C 赤木剛憲/198p/93s



白山学院大学

G 深津一成/180p/76s
SG 岩沢/185p/79s(2年)
F 諸星大/186p/78s
C 高砂一馬/191cm/80kg
C 河田雅史/194cm/91kg







筑武大学   50
白山学院大学 58







ダン…



ダン…



フロントコートに入る藤真



「……」



キュッ



筑武選手達がそれぞれ動き出す







記者席



中村 「ここで…ナンバープレー?」



相田 「……」

(いったい…何を仕掛けるつもりなのかしら)







キュッ



ピッ



藤真がウイングの西脇へボールを展開



キュッ



深津 「みんな、気をつけるピョン」



河田 「あぁ。諸星!またおめーのとこかもしんねぇぞ」



諸星 「…!」



高砂 「……」

(いや、もしかすると…オレの所か?)



キュッ



警戒を強める白山







ピッ!



西脇、ボールを藤真へ戻す



キュッ



そのまま逆サイドへと向かう



キュッ



「藤真っ!」



西脇のいた位置に飛び出す御子柴



ピッ!



藤真からのパスが通る



キュキュッ



一気に距離を詰める諸星



キュッ



御子柴 「……」



腰を落とし、1on1を構える



諸星 「……」

(今度は…やられねーぞ)







ピッ!



諸星 「!!!!」



御子柴、トップの藤真へリターン



キュッ



ダン!



藤真、ボールを受けると同時に一気にドライブ



「!!!!」







キュッ



間一髪、反応する深津



藤真 「…!」



キュキュッ







ダン!



フロントチェンジでさらに抜きにかかる



深津 「!」



河田 「深津っ!」



深津 「!?」



ガシィィィッ!!!!







ダン!



深津の横、壁を作る赤木



「行け!藤真!」



深津 「くっ…!」



行く手を阻まれる



キュキュッ



「ちっ…」



キュッ



カバーに出る河田



ピッ!







河田 「!」



藤真、一足早くシュートを放つ












ザシュッ!



ミドルレンジ、シュートを決める







筑武大学   52
白山学院大学 58







赤木 「よーし!よく決めた藤真!」



藤真 「あぁ!赤木もナイススクリーンだ!」



バチィッ!



ハイタッチをかわす







河田 「あいつ…」

(前半より、シュートまでが速くなってやがる)



深津 「しまった…ピョン」

(まさか…あんなプレーで来るとは)



河田 「……」

(今のがナンバープレーか…?)



赤木、藤真へ疑いの目を向ける












中村 「筑武のナンバープレー…決まりましたね」



相田 「……」



中村 「…? 相田さん?」



相田 「え、えぇ」



中村 「どうかしましたか…?」



相田 「いえ、今のプレー…本当にナンバープレーだったのかしら?」



中村 「…!?」



相田 「確かに…藤真君と赤木君が狙ったプレーだったようだけど」



中村 「……」



相田 「あのプレーなら、前半にも何度かあったわ」



中村 「た、確かに…!」



相田 「いったい…」

(あの藤真君のコールの意味は…)












キュッ



藤真 「さぁ!ディフェンスだ!」



「おぉ!」



キュッ



自陣で白山を待ち構える筑武メンバー







「!!!!!」



「お、おい!あれ…」



「マジかよ…」



その様子に会場がざわつきだす







中村 「こ、これは…!」



相田 「あの藤真君のコール…そういうことだったのね」







キュッ



ディフェンスを構える筑武



岸本をトップに3-2(1-2-2)のゾーン







「………」



「………………」



深津 「また、ゾーンだピョン…」



河田 「あぁ」



深津 「……」

(しかも、3−2(1−2−2)…どういう事だピニョン)



「………」



「………………」



河田 「フッ…」

(懲りない奴らだぜ…)







観客席



唐沢 「ほう…勝負に出たな」



牧 「はい…」



「………」



「………………」



3分を切ろうとする時計へ目をやる







牧 「……」

(山場になるぞ。藤真、赤木…)







続く



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。