2015年05月04日

スラムダンクの続編妄想#495 濁り




「フンッ!!」



バスッ!!



先にボールに触れた桜木がティップを決める








湘北 8
箕輪 6







湘北高校

#5 G 安田靖春165p/56s
#4 G 宮城リョータ168p/59s
#9 F 流川楓188p/77s
#7 PF 角田悟181p/73s
#8 C 桜木花道190p/85s



箕輪高校

#13 G 二宮智180cm/68kg
#5 SG 大野雅紀182cm/70kg
#4 F 相葉和成184cm/76kg
#12 PF 櫻井翔 191p/89s
#15 C 松本潤 190p/93s







男子・準々決勝第2試合



角田のシュートミスをうまくフォローした湘北が



わずかにリード。







記者席



「………」



「………………」



静かに試合を見つめる相田と中村







「中村くん…」



相田が口を開く



中村 「はい…」



相田 「あなたがさっき言ってたことだけど…」



中村 「あ…はい」

(試合が遅いってことか…)



相田 「あれ、どういうことか説明してくれる?」



中村 「…はい」



返事をし、コートへ目をやる







キュッ



ダン…



ダン…



箕輪の攻撃



キュッ



二宮 「さぁ!じっくり一本!」



ゆっくりボールを回す



ピッ!



ピッ!



ダッ!!



角田 「桜木!スクリーン行くぞ!!」



桜木 「おうっ!!」



キュキュッ



ガッ!!



角田のマークマン、櫻井が桜木の横で壁を作る



桜木 「む…!」



櫻井、うまく桜木の進行方向をブロック



桜木 「ちっ…!」



角田 「くっ…!桜木スイッチだ!!」



キュキュッ!!



ピッ!



瞬間、ガードの二宮がポストへパス



キュキュッ



ダンッ!!



角田がマークする松本、



キュッ



ダンッ!!



強引にパワーで角田を中へ押し込む



角田 「くっ…!」

(こいつ…!)







バスッ!!



そのまま、シュートを決める



湘北 8
箕輪 8



「ナイッシュー松本!!」



「いいぞ!箕輪!湘北相手に負けてないぞ!!」







相田 「確かにあなたの言う通りだわ」



中村 「…!」



相田 「箕輪は時間をかけて攻撃をしてるわね」

(しかも、しっかりとミスマッチを活かしてる)



中村 「は、はい。攻撃もそうなんですが…」



どこか濁した様子



相田 「…?」












コート上、



キュキュッ



相葉 「さぁ今度はディフェンスだ!!」



「オォッ!!」



マンツーの箕輪、流川を守る相葉はタイトなマーク。







キュキュッ



角田 「ヤスッ…!」



ピッ!



エンドスローを受けた安田、



ダン…



ダン…



ボールをフロントコートに運ぶ



安田 「さぁ!オフェンス取り返そう!」







第1Q、



タイマー 5:54







「………」



「………………」



相田 「………」

(他に、なにがあるっていうのかしら…)







静かにコートを見つめていた。







続く



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。